クレンジングの選び方

クレンジングバームとオイルの違いは?ジェルがおすすめなのか?

皆さんは日々メイクオフのために、どのようなタイプのクレンジング剤を愛用してみえますか?

くれ子
くれ子
しっかりメイクを落としたい方はオイルクレンジング、薄化粧だったり敏感肌の方はクリームクレンジングがオススメとは言われていますが、最近注目されているのは『クレンジングバーム』という新しいタイプのクレンジング剤です!

そこで今回は、クレンジングバームにスポットを当て、オイルとの違いについて詳しくお話していきたいと思います!

ジェルがオススメという声も多く届いているようなので、併せて見ていきましょう!

クレンジングバームとオイルの違いは?

クレンジングバーム オイル 違い ジェル おすすめ なのか

クレンジング剤には様々なタイプのものがありますが、バーム状のクレンジングは美容に関心のある方々を中心に注目度がグングン上昇中のようです♪

 

そもそも「クレンジングバームって何?」と疑問を抱いた方もみえるかと思います。

クレンジングバームとは、バーム(半固形)タイプのクレンジング剤のことを言います…!

くれ子
くれ子
バームに明確な定義はないものの、香りのある軟膏という意味合いで使われることもあるようです♪

クレンジングバームはクリームタイプとオイルタイプの中間に位置しているテクスチャーで、容器に入っている時は固形なのですが、肌にのせると体温で溶けてオイルのような形状に変化します!

 

ですので、はじめはクリームタイプ同様にクレンジング剤に厚みがあるため肌への摩擦が生じにくく、伸ばしていくうちに徐々に柔らかくなってオイル状に変化しますので、オイルタイプのクレンジング剤と同じようにメイクと馴染みやすくなるという特徴があるのです…!

 

クレンジングバームとオイルの最大の違いはズバリ『クリームタイプのクレンジング剤の面も持ち合わせているので、肌との摩擦を軽減させてくれる役割もある』ということになりますね♪

 

クレンジングバームは、メイク汚れをしっかり落としつつも、洗い上がりの肌は乾燥が気になりにくいことも魅力の1つと言われています!

 

肌の乾燥が気になっている女性にはぜひ1度は試していただきたいクレンジング剤ですので、チャレンジしてみて下さいね♪

クレンジングバームの使い方

クレンジングバーム オイル 違い ジェル おすすめ なのか

実際に新しいタイプのクレンジング剤を目にすると、どのように使用すれば良いのか悩んでしまう所ですよね!

くれ子
くれ子
ここでは、クレンジングバームの使い方を詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてメイクオフしてみましょう…!

メイクオフだけでなく、過剰に分泌された皮脂や古い角質・角栓なども除去することができ、さらにマッサージ効果もありますので、朝のクレンジングにもオススメです♪

 

やり方を解説
  1. 基本的にクレンジングを始める前にまず手を洗って清潔にするようにしましょう!
  2. クレンジングバームを、スパチュラやスプーンなどを使って、お使いになっているメーカーが推奨している使用量を目安にたっぷりと手に取ります。
  3. まず初めに、皮脂の分泌量が多いと言われているおでこから鼻にかけてクレンジングバームをのせて、指の腹を使ってメイクとなじませていきます。
  4. 残りのクレンジングバームを、頬からフェイスラインにかけてのUゾーンに伸ばして、指先をクルクルと動かしながら優しく馴染ませます。
  5. 広い部分にクレンジングバームを馴染ませたら、今度は皮膚の薄い目元や口元、汚れが残りやすい小鼻周りなど細かいスポットにも丁寧に馴染ませていきます。
  6. メイクとしっかり馴染ませたら、すすぎのコシがないようにぬるま湯で洗い流します。

『ぬるま湯』と一言で言っても、具体的にどれぐらいの温度のことを指しているのか気になる所ですよね!

 

湯舟のような温度で洗い流してしまうと、肌にとって必要な油分までも洗い流してしまうことになってしまいます…。

 

具体的には敏感肌・乾燥肌の方は30~34℃・普通肌の方は35℃前後・オイリー肌の方は36~38℃を目安にしてくださいね!


こちらで紹介されているクレンジングバームは、最近人気急上昇中のクレンジング『D.U.O ザ クレンジングバーム』です…!

 

ミス・ユニバース準グランプリの松井由貴美さん愛用のクレンジング剤で、@cosmeクチコミランキング第1位を獲得するほどの人気ぶり♪

くれ子
くれ子
ウォータープルーフのマスカラもスルっとオフすることができる上、W洗顔不要で乾燥が気になる方でもお使いいただけるクレンジング剤となっています!

気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね♪

クレンジングはジェルがおすすめなのか?

クレンジングバーム オイル 違い ジェル おすすめ なのか

ジェルタイプのクレンジング剤があるのはご存知ですか?

クレンジングジェルとは、名前からも分かるように、ジェル状のクレンジング剤のことです♪

 

テクスチャーに厚みがあることから、摩擦による肌への負担を軽減してくれるメリットがあります…!

 

クレンジングジェルの中でも、水性ジェル・オイルイン水性ジェル・油性ジェル』の3種類が存在しています。

くれ子
くれ子
マツエクやナチュラルメイクの方であれば水性ジェル、普段使い目的であればオイルイン水性ジェル、しっかりメイクの方は油性ジェルを使用するようにしましょう!

こういったように、ジェルタイプのクレンジングがオススメされる最大のポイントは『メイクの濃さで使い分けができ、肌へのダメージを抑えられる』という所でしょう♪

 

毛穴の黒ずみや毛穴の黒ずみが気になる方であれば、『ホットクレンジングジェル』というクレンジングジェルもあります…!

 

温感ジェルで、毛穴に詰まった汚れをしっかりと落としてくれ、化粧水などの基礎化粧品の浸透力もUPします!

 

ジェルタイプのクレンジング剤はメイクの濃さや肌の状態で使い分けることができますので、自分のメイクや肌に合った種類のジェルクレンジングをチョイスするようにしましょう♪

クレンジングバームとオイルの違いは?ジェルがおすすめなのか?のまとめ

クレンジングバーム オイル 違い ジェル おすすめ なのか

今回、人気が上がりつつあるクレンジング剤『クレンジングバーム』に着目し、オイルとの違い、そしてジェルタイプのクレンジング剤は何故オススメと言われているのかについて、

要点まとめ
  • クレンジングバームはクリームタイプとオイルタイプの中間に位置している!
  • 容器に入っている時は固形で、肌にのせて馴染ませていくとオイル状に変化する!
  • オイルとの最大の違いは『肌との摩擦を軽減させてくれる面も持ち合わせている』!
  • クレンジングを始める前に手を綺麗に洗うことは基本中の基本!
  • 専用のスパチュラなどを使って手に取り、顔の中心から外側に向かって馴染ませる!
  • 細かい所までしっかりと馴染ませられたら、ぬるま湯で綺麗に洗い流す!
  • ジェルタイプには『水性ジェル・オイルイン水性ジェル・油性ジェル』がある!
  • ジェルタイプのオススメポイントは『メイクの濃さや肌質で使い分けられる』!

クレンジング剤は色々な種類があるので、どの商品を選べば良いのか悩んでしまう所ですよね!

くれ子
くれ子
メイク落ちを求めると肌の乾燥が悪化してしまったり、肌への負担を考えるとクレンジング力が落ちてしまったり…。

そういった理由でお悩みの方はぜひ新ジャンルのクレンジング剤『クレンジングバーム』や『クレンジングジェル』をお試しください♪

 

きっと貴方が満足できるようなクレンジング剤に出会えることでしょう!