クレンジングの選び方

クレンジングはオイルフリーがおすすめ?違いを比較!

近年は、目元がお人形のようにパッチリとした印象にするために、アイメイクに力を入れている女性が増加しつつありますよね♪

くれ子
くれ子

中でもまつげにエクステをつける『マツエク』というのも人気があります。

そんな最新の美容に敏感な女性たちに今注目を浴びつつある新アイテムが『オイルフリークレンジング』!

マツエクをしている人でも使える上に、肌に優しいと話題になっているようです。

 

そこで今回は、クレンジングは本当にオイルフリーがおすすめなのかという所にスポットを当て、従来のクレンジングとの違いを比較していきたいと思います!

クレンジングはオイルフリーがオススメ?オイルフリーとは?

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

最近人気が出つつある新アイテム『オイルフリークレンジング』!

その名前の通り、油分が含まれていないクレンジング剤のことを指していて、メイクを落とした後にさっぱりとした爽快感が得られるのが特徴♪

 

オイル特有のヌルヌル感が苦手な人にぜひ使っていただきたいクレンジングです…!

また、マツエクをしている人にもオイルフリークレンジングはオススメです!

 

マツエクをしている方はオイルのクレンジングを使用してしまうと、グルー(接着剤)と油分の相性が悪いためマツエクの持ちが悪くなってしまします。

くれ子
くれ子
「マツエクにも使える!」と記載されているクレンジング剤でも全てがオイルフリークレンジングとは限らず、まれにオイルが配合されている商品もありますので、できればきちんとオイルフリーと明言されているものをチョイスするようにしてくださいね♪

しかし、何度も重ね塗りしたマスカラや色の濃い口紅はオイルフリークレンジングで完全にメイクオフすることは難しいと言われています。

ですので、専用のポイントメイクリムーバーを使用して、落とすと良いかと思います!

オイルフリークレンジングは他のクレンジング剤とどう違う?

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

オイルフリークレンジングはネーミングからして油分が含まれていないクレンジング剤というのは分かりやすいですが、そもそもクレンジング剤は色々な種類が販売されていますので、他のクレンジング剤とはどのような違いがあるのか気になる所ですよね…!

 

実は、クレンジング剤はオイルフリークレンジングの他に、大きく分けて6種類あると言われています。

それぞれ詳しく見ていきましょう♪

クレンジング剤 ①  オイルクレンジング

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

オイルクレンジングは、しっかりメイクの方はバッチリメイクの方にオススメのクレンジング剤です♪

 

メイクは基本的に油性のものが多く、同じ油性であるオイルクレンジングは非常に相性が良いのでしっかりとメイクを落とすことができるのです…!

 

オイルクレンジングでクレンジングを行う際のコツは、しっかりオイルを乳化させることです!

くれ子
くれ子
『乳化』とは透明のオイルに水を加えることでオイルと水が混ざり合い、白く濁る現象のことを指します♪

ですのでまずはオイルクレンジングとメイクを馴染ませ、その後少量の水を手に取って乳化させてから洗い流すと、綺麗にメイクを落とすことができるという訳ですね…!

クレンジング剤 ②  リキッドクレンジング

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

リキッドクレンジングは水分をベースに作られていて、サラッとしたテクスチャーが特徴です♪

ベタつきやヌルつきが少なく、さっぱりとした使用感が好きな方にオススメのクレンジング剤です…!

くれ子
くれ子
比較的濃いメイクでも簡単にオフすることができるので、人気のクレンジング剤でもあります。

リキッドクレンジングの最大のメリットはズバリ『お風呂場でも使用できる』という所!

濡れた手でも使えますので、忙しくて自分の時間がなかなか確保できないという女性にもってこいのクレンジング剤なのです♪

クレンジング剤 ③  ジェルクレンジング

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

ジェルクレンジングは、弾力のあるテクスチャーが特徴のクレンジング剤です。

そのため、手と顔の肌の摩擦の軽減も期待できるアイテムなのです♪

くれ子
くれ子

みずみずしい使い心地なので、さっぱりした洗い上がりがお好みの方にもオススメです!

ジェルクレンジングには、水性ジェルタイプと油性ジェルタイプの2種類が存在します。

さらに、水性ジェルタイプには、オイルフリーのものとオイルインのものがあります!

 

マツエクを付けている方は『オイルフリー水性ジェルタイプ』のもの、ナチュラルメイクの方は『オイルイン水性ジェルタイプ』のもの、しっかりメイクの方は『油性ジェルタイプ』のものをチョイスするようにして下さいね♪

クレンジング剤 ④  クリームクレンジング

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

クリームクレンジングは、クリーム状のテクスチャーなので手と肌の間でクッションの役割を果たし、摩擦が起きにくいというのが特徴のクレンジング剤です♪

 

油分を含んでいるアイテムですので、年齢を意識し始めた方や、肌が乾燥しやすい方にオススメのクレンジング剤…!

 

クリームクレンジングには、一般的に水で洗い流すタイプと拭き取るタイプがありますので、商品の説明文をしっかりと確認してから使用するようにして下さいね♪

クレンジング剤 ⑤  ミルククレンジング

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

ミルククレンジングは、滑らかなテクスチャーが特徴のクレンジング剤です♪

そのため、肌の乾燥や肌荒れが気になる方でも比較的使いやすいクレンジング剤と言われています…!

 

ミルククレンジングはメイクの落ち方が穏やかですので、お湯で落とせるタイプのマスカラやナチュラルメイクの方にオススメのアイテムです♪

クレンジング剤 ⑥  シート状クレンジング

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

シート状のクレンジングは「疲れていてメイクを落とす気力もない」という方にオススメのクレンジングアイテムです♪

 

ついつい疲れているとメイクオフせずに寝てしまったりしがちですが、それは肌にとってかなり負担のかかってしまうNG行動です…!

 

洗顔できなくても、せめてシート状のクレンジングを使ってメイクオフするようにして下さいね♪

クレンジングはオイルフリーがおすすめ?違いを比較!のまとめ

クレンジング オイルフリー おすすめ 違い 比較

今回、クレンジングはオイルフリーがオススメなのかどうかという所にスポットを置き、他のクレンジング剤との違いについて、

要点まとめ
  • オイルフリーはその名前の通り、油分が含まれていないクレンジング剤!
  • ヌルヌル感がなく、肌に優しいのでオススメ!
  • 重ね塗りしたマスカラはポイントメイクリムーバーを使用する!
  • オイルクレンジングは濃いメイクの方にオススメのクレンジング剤!
  • リキッドクレンジングはお風呂場で濡れた手でも使用OK!
  • ジェルクレンジングは弾力があるため、肌への負担を軽減させることができる!
  • クリームクレンジングは油分を含んでいるので乾燥が気になる方にオススメ!
  • ミルククレンジングはナチュラルメイクの方にオススメ!
  • シート状のクレンジングは、疲れていてメイクオフが面倒な方にオススメ!

クレンジング剤は様々な種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

ですので、一概には「全ての女性にオイルフリーのクレンジング剤がオススメ!」とは断言できません!

 

メリット・デメリットを考え、自分の年齢やメイク法に合ったクレンジング剤をチョイスするのが1番大切なポイントになってくるという訳ですね♪

くれ子
くれ子

そしてメイクをしっかりと落としたいがために、ゴシゴシとこすってしまうのはNGです!

きちんとクレンジング剤とメイクをゆっくり丁寧に馴染ませてから落とすようにしてくださいね…!

様々なメーカーから色んなクレンジング剤が販売されていますので、あなたの気にいるクレンジング剤に出会えること間違いなしでしょう♪