クレンジングの使い方

クレンジングは薄化粧でもやるべき?薄化粧での簡単なやり方!

ナチュラルメイクが主流の今、スキンケアに力を入れていて外出時は薄化粧でも全然OKという女性や、厚化粧が嫌だから薄化粧を心がけている女性も多いかと思います。

 

そういった薄化粧の方でも1日の終わりにメイクオフをする時、クレンジングを使った方が良いのか悩むところですよね!

くれ子
くれ子
クレンジング剤は多少なりとも肌にダメージを与えますので、できれば肌への負担は最小限に抑えたいものです。

そこで今回は、クレンジングは薄化粧でもやるべきなのかという所にスポットを当て、薄化粧での簡単なやり方も併せてご紹介していきたいと思います!

クレンジングは薄化粧でもやるべき?

クレンジング 薄化粧 やるべき 薄化粧 簡単 やり方

薄化粧であれば普通の洗顔料での洗顔だけでもメイクを落とせそうな気もしますよね♪

メイクをしたまま寝るのは肌にとって大ダメージを与えることは周知の事実ですが、クレンジング剤に配合されている『界面活性剤(乳化剤)』も多少なりとも肌にダメージを与えてしまうので、できれば肌に負担の少ない最適なメイクオフ法を取り入れたいものです…!

 

実は、薄化粧の場合でも基本的にはクレンジングは必要と言われています

くれ子
くれ子
メイクは普通の洗顔料では落ちにくく、洗顔前にクレンジングでメイクを落としてから顔を洗うのがベスト!

厚化粧であれ、薄化粧であれ、化粧品を使っているかどうかがポイントなのです。

化粧品には油分が使われていることをご存知でしょうか?

 

この油分は普通の洗顔料では簡単に落とすことができません。

さらに化粧品の油分だけでなく、過剰に分泌された皮脂などの汚れをしっかり落とすにはクレンジングが最適という訳ですね♪

 

最近は肌への負担を考慮した『W洗顔不要』というクレンジング剤もあり、クレンジング後に洗顔をしなくてもOKな商品が多く販売されています。

肌への負担が気になる方は、W洗顔不要のクレンジング剤を使用するようにしてくださいね…!

薄化粧の定義は?

クレンジング 薄化粧 やるべき 薄化粧 簡単 やり方

そもそも『薄化粧』と一言で言っても、どれぐらいのレベルまでが薄化粧なのか気になりますよね♪

 

何をもって薄化粧というかは、実は人によって感覚が異なりますのでコレという定義はありません!

 

例えば、芸能人は肌を綺麗に見せるためにしっかりとベースを作りこんでいますので、その分『厚化粧』という部類に入ってしまいますよね。

くれ子
くれ子
このように、ベースをバッチリ作りこむメイクをしている人たちからすると、化粧下地にファンデーションの薄塗りをしている方や日焼け止めにフィニッシュパウダーを使用している方は『薄化粧』の部類に入るかも知れません。

しかし、ファンデーションや日焼け止めは油分を配合している商品が多く、普通の洗顔料では落としきれないものが多いのです…!

 

薄化粧には定義はありませんので、勝手に「私は薄化粧だからクレンジングは必要ない」と判断はせず、メイクをしているのであればクレンジングをするようにしてくださいね♪

薄化粧での簡単なクレンジングのやり方!

クレンジング 薄化粧 やるべき 薄化粧 簡単 やり方

クレンジングはざっくり分けると、『オイルタイプ』・『リキッドタイプ』・『ミルクタイプ』・『ジェルタイプ』・『クリームタイプ』・『拭き取りタイプ』の6種類が存在しています!

 

クレンジング力最強で、クレンジング界のエースとも言われているのはズバリ『オイルタイプ』です♪

くれ子
くれ子
オイルタイプのクレンジング剤であれば、濃いメイクでもきちんと落ち、リキッドファンデやマスカラを重ね塗りしているような方でも大丈夫なレベル…!

ただし、その素晴らしいクレンジング力とは裏腹に、実は肌にとって必要な油分までがっつりと落としてしまいますので肌への負担も相当なものなのです。

 

ですので、薄化粧の方はここまで最強のクレンジング力は必要ないので、肌への負担を考えるとオイルタイプを使用するのはオススメしません…!

 

では薄化粧の方はどのようなものをチョイスすべきか悩んでしまう所ですよね♪

比較的肌に優しいと言われているクレンジング剤は『ミルクタイプ』と『クリームタイプ』のものです…!

 

使い方は簡単で、クレンジング剤を適量手に取り、手の中で少し温めた後に顔全体に伸ばしていくだけ!

 

顔の内側から外側に向かって、クルクル円を描くように馴染ませて、Tゾーンなど皮脂が多い所は薬指を使ってしっかりクレンジング♪

 

汚れがバッチリ浮き上がったら、ぬるま湯で洗い流すだけです。

W洗顔不要と記載されていないクレンジング剤を使用した場合は、この後にいつも通りの洗顔を行うようにしましょう!

 

薄化粧と言っても、ウォータープルーフのマスカラを使用していたり、リップなどのポイントメイクを使用している方はポイントメイクリムーバーを使って先に落としておくようにして下さいね♪

薄化粧の方にオススメのクレンジング剤!

クレンジング 薄化粧 やるべき 薄化粧 簡単 やり方

薄化粧の方にオススメのクレンジング剤はプチプラブランドとして有名な『ちふれ』さんから販売されている『ウォッシャブル コールド クリーム』!

 

マッサージクリームとしても使えるとのことで、今SNSで話題になっているクレンジング剤です♪

メイクとの馴染みがよく、落ちにくい汚れもしっかりと落としてくれ、使用後は水はお湯で簡単に洗い流せるという優れもの…!

 

無香料・無着色・ノンアルコールですので、肌にも優しいのも嬉しいポイントですよね♪

もちろん、プチプラブランド『ちふれ』さんの商品なので、お値段はなんと300g入りで650円(税抜)!

くれ子
くれ子
さらに、こちらのクレンジング剤が気に入ったという場合は、詰め替え用も560円(税抜)で販売されていますので、財布に優しいだけでなく環境にも良い商品なのです…!

ちふれは取り扱い店舗が多く、手に入れやすいと言われていますが、SNSで話題沸騰中なので売り切れてしまっている店舗が続出してしまっているそうです。

 

実際にこちらの商品を使った方々からは、

女性の口コミ
女性の口コミ
ちふれのコールドクリームは凄くオススメ!ここ3年はずっとリピートしています。
女性の口コミ
女性の口コミ
この時期、日焼け止めを塗ることによって乾燥してしまって肌がゴワついていましたが、このクリームでマッサージするとモチモチして乾燥しない!
女性の口コミ
女性の口コミ
肌の上でクルクルしていると、気持ち悪いくらい角栓が取れた!

といった声が届いていました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちふれ ウォッシャブルコールドクリームN  300g
価格:703円(税込、送料別) (2019/5/16時点)

楽天で購入

 

クレンジングは薄化粧でもやるべき?薄化粧での簡単なやり方!のまとめ

クレンジング 薄化粧 やるべき 薄化粧 簡単 やり方

今回、クレンジングは薄化粧でもやるべきなのかという所にスポットを当て、薄化粧での簡単なクレンジングのやり方やオススメのクレンジング剤について、

要点まとめ
  • 薄化粧でも基本的にはクレンジングは必要!
  • メイクに含まれる油分や過剰に分泌された皮脂は普通の洗顔料では落としきれない!
  • 肌への負担を少しでも軽減させたい場合は『W洗顔不要』のものを使用する!
  • 『薄化粧』に定義はないため、メイクをしているのであればクレンジングは必要!
  • 薄化粧の方にオススメなのはミルクタイプ・クリームタイプのクレンジング剤!
  • クレンジング剤を適量手に取り、顔の内側から外側に向かって顔全体に馴染ませる!
  • Tゾーンなど皮脂の量が多い所は薬指を使ってクレンジング!
  • アイメイクやリップなどはポイントメイクリムーバーを使って先にオフしておく!
  • オススメのクレンジング剤は『ちふれ ウォッシャブル コールドクリーム』!

薄化粧といえども、メイクをしているのであればクレンジングは必要です。

くれ子
くれ子
しかし、クレンジング力はそれほど高くなくても大丈夫なので、肌に優しいタイプのクレンジング剤を使用するようにして下さいね♪

ベースメイクは薄化粧でもポイントメイクはガッツリしているという方もみえるかと思いますが、そういった場合はポイントメイクリムーバーを使って先に落としておくと良いでしょう!