クレンジングの選び方

クレンジングは濡れた手や顔だと効果なし?温めるのが良い?

ドラックストアやディスカウントショップのクレンジング剤コーナーに行くと、最近はよく『濡れた手でも使える!』とわざわざ表記している商品を見かけますよね!

くれ子
くれ子
そのような宣伝文句が書かれていないクレンジング剤だと濡れた手や顔で使ってしまった場合、クレンジングの効果がなくなってしまうのかどうか気になる所ですよね。

そこで今回はクレンジングは濡れた手や顔だと効果がないのかどうかという所にスポットを当て、詳しい仕組みや実際の効果などをご紹介していきたいと思います!

 

クレンジングは使う時に温めた方が良いのか悩んでいる方も多いようなので、併せて見ていきましょう!

クレンジングは濡れた手や顔だと効果なし?

クレンジング 濡れた 手 顔 効果 なし 温める 良い

様々な種類のクレンジング剤がありますが、できれば手間を省くためにお風呂場で使いたいと思っている女性は多いかと思います!

 

お風呂場で使うとなると、クレンジングをするタイミングにはすでに手や顔が濡れてしまっているというケースも少なくないでしょう…!

くれ子
くれ子
となると、濡れた手や顔でクレンジングするとメイク落ちの効果はどうなってしまうのか気になる所ですよね♪

クレンジング剤はそもそもメイク料に含まれている油分とクレンジング剤に含まれている油分を馴染ませ、その後に水と馴染ませて乳化させることでメイクを落とすという商品です。

 

ようするに油によってメイクアップを溶解させて、肌から落とすというメカニズムのクレンジング剤ですので、親油性が高い商品なのです…!

 

親油性が高いということは、油の中に水滴が分散した状態で油性成分が多い状態のことを指します♪

 

ですので、濡れた手や顔で使ってしまうとクレンジング剤とメイク料の油分が馴染みあう前に乳化してしまい、メイク落ちの効果がグンと低減してしまうという訳ですね!

 

一方、わざわざパッケージに『濡れた手やお風呂場でも使える』と表記されているクレンジング剤は親水性が高い商品です。

 

親水性が高いということは、水中に細かい油滴が分散している状態で、主成分は水になります!

くれ子
くれ子
ですので、水に馴染みやすいにも関わらず、メイクアップを取り込む能力にも優れていて、濡れた手や顔で使用してもメイク料としっかり馴染ませ合いながら落とすことができる画期的な商品なのです…!

濡れた手や顔の状態でクレンジング剤を使用したいのであれば、必ず『濡れた手やお風呂場でも使える!』と表記されているクレンジング剤を選ぶようにして下さいね♪

クレンジングは温めるのが良い?

クレンジング 濡れた 手 顔 効果 なし 温める 良い

クレンジングを直接肌にのせる前に温めた方が良いのか悩んでいる方も多いようなので、その疑問にもズバッとお答えしていきたいと思います!

 

時間があるのであれば、ズバリ『クレンジングは手のひらで少し温めてから肌にのせるのがベスト』♪

くれ子
くれ子
クレンジングを温めることで肌に馴染みやすくなり、肌への負担も少し軽減させることができます!

さらに、もうひと手間かけれるのであれば、クレンジング前にホットタオルを用いてパックしておくとGOOD♪

 

ホットタオルをすることで、毛穴をしっかりと開かせ、クレンジングで毛穴奥の汚れまでゴッソリとオフすることができます…!

 

ホットタオルを作る際には、アロマオイルを数滴垂らしておくとリラックス効果も得られますのでオススメです♪

 

ホットタオルは電子レンジでも簡単に作ることができますので、ぜひ時間のある時にチャレンジしてみて下さいね。

やり方を解説
  1. タオルを水で濡らし、固く絞ります!
  2. 水で濡らしたタオルをおしぼりのようにクルクルと丸めましょう。
  3. おしぼりの状態になったタオルをラップでくるみます。
  4. 電子レンジに入れて1分ほどチンッ♪

たったこれだけでホットタオルを簡単に作ることができます!

レンジから取り出したばかりのタオルは熱いので、火傷しないように注意しましょう♪

くれ子
くれ子
お使いになっているレンジによって加熱時間が異なりますので、加熱が足りないようであれば10秒ずつ様子を見ながら加熱時間を延ばして下さいね!

濡れた手で使えるオススメのクレンジング!

ハイブランドからプチプラブランドまで濡れた手で使えるタイプのオススメのクレンジング剤をご紹介していきたいと思います!

 

お風呂場でも使えるクレンジング剤なので、忙しいOLさんやママ世代の救世主になること間違いなしです♪

シュウウエムラ・アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジングオイル

クレンジング 濡れた 手 顔 効果 なし 温める 良い

1番最初にご紹介するのはハイブランド『シュウウエムラ』から販売されている『アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジングオイル』♪

くれ子
くれ子
保湿感やオイルのとろみはキープしながらも自然由来成分98%という最高級クレンジングです…!

オイルクレンジングでありながらも、濡れた手で使えてW洗顔不要な上、まつげエクステにもお使いいただけます。

 

1本あたり150mlと450mlの2サイズが展開されていて、お値段はそれぞれ税抜価格4,600円(150mlサイズ)・11,500円(450mlサイズ)となっています!

アテニア・スキンクリア クレンズ オイル

クレンジング 濡れた 手 顔 効果 なし 温める 良い

2つ目にご紹介するのはコスメメーカー『アテニア』から販売されている『スキンクリア クレンズ オイル』です♪

 

日本初配合の原料『ロックローズオイル』がくすみの原因である肌ステインを除去してくれるという素敵なクレンジング剤です…!

 

メイクをしっかりと落としながら、明るい陶器のような滑らかな肌を目指すことができます。

くれ子
くれ子
洗顔はもちろんのこと、美白ケアもしているのにファンデーションの色が合わなくなっただとか、顔色が悪くて疲れて見えるという経験はありませんか?

こちらのクレンジング剤を使って年齢とともに毎日増え続けていく肌ステインを除去し、綺麗な素肌を手に入れましょう♪

 

無香料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーですので、敏感肌の方でも安心してお使いいただける商品となっております。

 

1本あたり、内容量は175mlで価格は1,836円(税込)と少々お高めですが、年齢肌が気になる忙しい女子にはもってこいのクレンジング剤です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

attenir アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ175ml(W洗顔不要)
価格:1850円(税込、送料別) (2019/6/10時点)

楽天で購入

 

クラシエ・ナイーブ クレンジングオイル

クレンジング 濡れた 手 顔 効果 なし 温める 良い

プチプラブランドで濡れた手でも使えるオススメのクレンジング剤は『クラシエ』から販売されている『ナイーブ クレンジングオイル』です♪

くれ子
くれ子
植物由来クレンジング成分のオリーブオイルが、マスカラや肌の奥の汚れも一度にスッキリ落とし、うるおい成分のヒマワリ種子油が、肌に必要な潤いを逃さず、すべすべの肌に導いてくれます…!

詰め替え用も販売されていますので、財布に優しいだけでなくエコなのも嬉しいポイントです♪

クレンジングは濡れた手や顔だと効果なし?温めるのが良い?のまとめ

クレンジング 濡れた 手 顔 効果 なし 温める 良い

今回、クレンジングは濡れた手や顔だと効果がないのかという所にスポットを当て、なぜ効果がなくなるのかということやクレンジングは温めてから使ったほうが良いのかということについて、

要点まとめ
  • クレンジング剤は基本的に親油性が高く、水があるとクレンジング効果が落ちる!
  • 濡れた手や顔でクレンジングしたいのであれば親水性の高い商品を選ぶ!
  • 親水性の高いクレンジング剤はパッケージに『濡れた手でもOK』と表記されている!
  • クレンジングを手のひらで温めてから使うと肌への馴染みやすさが高まる!
  • メイクオフ前にホットタオルでパックをすると毛穴が開き、毛穴汚れもオフできる!
  • 濡れた手でも使えるハイブランドのクレンジング剤は『シュウウエムラ』!
  • 『アテニア』のクレンジング剤はメイクだけでなく肌ステインもオフできる!
  • プチプラブランド『クラシエ』のものは詰め替え用もあるのでエコにもなる!

『濡れた手でも使える!』とわざわざ表記されていないクレンジング剤は、基本的に濡れていない状態の手や顔で使用するものだと思ってください!

 

そのようなタイプのクレンジング剤は、お風呂の蒸気が肌に付着してしまっているだけの状態でもメイク落ちが悪くなってしまいます。

 

どうしてもお風呂場でクレンジング剤を使用したいというのであれば、『濡れた手でも使える』としっかり表記されている商品を使用するほうが安心かも知れませんね♪