クレンジングの選び方

乳液クレンジングとは?ジェルやクリームより使いやすい?

皆さんは乳液クレンジングをしたことはございますか?

くれ子
くれ子
オイルクレンジングでは肌に刺激が強すぎてダメだとか、クリームクレンジングではメイク落ちが悪いから苦手という声はよく聞きますが、今美容界では乳液クレンジングというのが新たなブームを巻き起こしているのです!

そこで今回は、乳液クレンジングという新タイプの美容法にスポットを当て、一体どのようなクレンジングなのかを詳しくご紹介していきたいと思います!

 

ジェルやクリームタイプのクレンジング剤よりも使いやすいという噂もあるようなので、併せて見ていきましょう!

そもそも乳液クレンジングとは?

乳液 クレンジング とは ジェル クリーム より 使いやすい

「そもそも乳液クレンジングって何?」と疑問を抱いた方は多いかと思います。

クレンジング剤にはオイルタイプやリキッドタイプ、ジェルやミルク・クリームなど様々なタイプのものがあります!

 

ということは、乳液クレンジングは乳液タイプのクレンジング剤と思ってしまってもおかしくないですよね…。

くれ子
くれ子
ですが、実は『乳液クレンジング』とは、基礎化粧品として普段からお使いになられている乳液をクレンジング剤として使用するという意味なのです♪

ようするに基礎化粧品の乳液に含まれている油分を利用して、メイクを落とすクレンジング方法のことを指しているという訳ですね…!

 

クレンジング系アイテムの使用は、肌が必要としている油分まで落としてしまうケースが非常に多く、乾燥肌を悪化させてしまっている方も珍しくありません。

 

一方、乳液クレンジングでは、肌への負担を減らしながらやさしくメイクを落とすことができるのです!

 

脂性肌や敏感肌・乾燥肌といった肌タイプにとらわれることなく、どの肌質の方でも乳液1つあればメイクを落とすことができますので、肌への負担を少しでも減らしたいという女性の方々から注目されているクレンジング方法です♪

 

乳液はそもそも肌の保湿を目的として商品開発されていますので、乳液クレンジングを行うことで、肌へ潤いを与えながらメイクを落とすことが可能に…!

乾燥が気になる秋冬シーズンにもオススメのクレンジング方法なのです!

乳液クレンジングはジェルやクリームより使いやすい?

乳液 クレンジング とは ジェル クリーム より 使いやすい

「乳液で本当にメイクが落とせるの?」だとか「比較的肌に優しいタイプのジェルやクリームより使いやすいの?」と心配の声もチラホラ届いているのでズバッとお答えしていきたいと思います…!

 

クレンジング剤の中でも、ジェルタイプやミルクタイプ・クリームタイプのクレンジング剤は肌に優しいと言われています。

くれ子
くれ子
しかし、クレンジング目的で開発されている商品ですので、洗浄成分が肌にダメージを与えてしまうのは致し方ないとしか言えません…。

対して、乳液は本来であれば肌をケアする目的で使用するものですので、クレンジング剤と比較すると肌への負担をグッと減らすことができるのです!

 

ですが、乳液クレンジングを実践するためにはいくつかの条件をクリアしなければなりません…!

まず、1つ目のポイントは『油分の入った乳液を使用する』♪

 

乳液でクレンジングを行うのであれば、乳液自体にしっかりと油分が含まれているのが大前提の条件となります!

 

乳液クレンジングは、乳液に含まれている油分の力を使ってメイクを落とします。

ようするに、メイク料に含まれている油分と、乳液に含まれる油分を馴染ませあうことで乳液クレンジングは成り立つのです!

 

ですので、油分が含まれていない乳液ではクレンジングすることはできないということになります…♪

 

そして次のポイントは『ナチュラルメイクである』ということ!

くれ子
くれ子
乳液クレンジングはクレンジング剤ではありませんので、オイルやリキッドタイプのクレンジング剤と比較するとどうしても洗浄力は劣ってしまいます。

バッチリベースメイクやウォータープルーフのメイク料は落としきることができませんので、乳液クレンジングをする際は必ずナチュラルメイクの時だけにして下さいね♪

そして最大のポイントは『しっかりと時間をかけてメイクオフする』ということ!

 

乳液クレンジングはクレンジング用のアイテムとは違い、乳液を肌に乗せた瞬間からメイクが浮き上がってくる訳ではありません。

 

そのため乳液クレンジングをする際は、ゆっくりと時間をかけてメイクと乳液を馴染ませる必要がありますので、ジェルやクリームタイプのクレンジング剤と比べるとメイクオフに時間がかかってしまいます!

 

使いやすさはやはりクレンジング剤であるジェルやクリームの方が勝ってしまうというのが本音ですが、肌へのダメージを軽減させ潤いも残しておきたいというのであれば断然『乳液クレンジング』がオススメです…!

乳液クレンジングの正しいやり方!

乳液 クレンジング とは ジェル クリーム より 使いやすい

では実際に乳液を使って、どのようにクレンジングを行っていくのか詳しく見ていきましょう!

準備するものは『乳液』・『コットン』・『洗顔料』・『タオル』の以上4点です♪

やり方を解説
  1. アイメイクなどポイントメイクが濃いという方は、クレンジングを行うまえにポイントメイクリムーバーを使って先にオフしておきましょう!
  2. 乳液を手のひらにたっぷりとのせます。
  3. Tゾーンから顔の外側に向かって、ゆっくりと顔をマッサージするようなイメージでクルクルと乳液を馴染ませていきます。
  4. メイクと乳液がしっかりと馴染みあったら、コットンを用いて乳液や汚れを優しく拭きとりましょう!
  5. 洗顔料を用いて、ぬるま湯で洗顔します。
  6. 乾いたタオルで押さえるようにして水分を拭きとりましょう!

乳液クレンジングでメイクオフできたら、仕上げのスキンケアも忘れないように行いましょう♪

 

保湿しながらメイクを落とすことができますので、肌の乾燥が気になっている方にはもってこいのクレンジング法です!

くれ子
くれ子
クレンジング剤が肌へ与える影響が気になるという方はぜひ乳液クレンジングにチャレンジしてみて下さいね♪

乳液クレンジングとは?ジェルやクリームより使いやすい?のまとめ

乳液 クレンジング とは ジェル クリーム より 使いやすい

今回、乳液クレンジングにスポットを当て、乳液クレンジングとは何か、ジェルやクリームより使いやすいのか、そして正しいクレンジングのやり方について、

要点まとめ
  • 乳液クレンジングとは基礎化粧品の乳液を用いたクレンジング法!
  • 乳液を使ってクレンジングすることで、肌へ潤いを与えつつメイクを落とせる!
  • 乳液クレンジングは油分が配合されている乳液を使い、時間をかけて行う!
  • 濃いメイクは落としきれないのでナチュラルメイクの方だけが実践できる方法!
  • ジェルやクリームタイプの方が使いやすいが、肌負担軽減・乾燥対策ができる!
  • 乳液とメイクが馴染んだらコットンでオフし、洗顔料を用いて洗顔をする!

乳液クレンジングは時間をかけて乳液の油分とメイク料の油分を馴染ませ、メイクを落とす方法です!

 

肌の潤いを保ちながらメイクオフできる上、同時の顔マッサージもできますので、顔のむくみが気になっている方にもオススメのクレンジング法です♪

 

しかし、長い時間マッサージしなければなりませんので、ニキビなど肌トラブルが生じてしまっている場合は刺激を与えてしまって悪化してしまうケースも…!

 

日焼け止めなどクレンジング剤が必要なアイテムを使用している場合も乳液クレンジングは不向きです。

くれ子
くれ子
洗顔料で落とせる日焼け止めを使用していたり、ナチュラルメイクさんの方がチャレンジできるメイクオフ法ですので注意してくださいね♪

また、何度かチャレンジしてみて肌トラブルが生じてしまうようであればきちんとメイクオフできていないもしくは、乳液の油分が肌トラブルの原因になってしまっている可能性も考えられますので、元のクレンジング法に戻すようにしましょう!