クレンジングの使い方

クレンジングは乳化が大事!やり方や効果を解説!

くれ子
くれ子
皆さんはメイクをオフするとき、クレンジングを使用してきちんと『乳化』させていますか?

乳化をするとしないでは洗い上がりが全然違いますので、メイクをしっかりと落とすためのクレンジングには乳化が大事と言われているのです!

 

そこで今回は、クレンジングの乳化の工程にスポットを当てて、やり方や効果を詳しく解説していきたいと思います!

そもそもクレンジングの乳化って何?

クレンジング 乳化 大事 やり方 効果 解説

そもそも「クレンジングの乳化って何?」と疑問に思った方も多いかと思います…!

乳化とは、通常では混ざらない油と水をしっかりと混ざり合った状態にすることを意味します♪

 

きちんとメイクを落とすためには、クレンジング剤に含まれている油分とメイク料に含まれている油分を馴染ませ、そして次に水に馴染ませてから洗い流すことがとても重要になってきます!

くれ子
くれ子
ですので、クレンジング剤に油が含まれているメイク落としを使ってしっかりとメイクオフするためには『乳化』という工程がとても大切なポイントとなってくるという訳ですね!

オイルクレンジングやホットクレンジング・クリームクレンジングなどは乳化が必要なクレンジング剤の分類に分けられます…!

 

逆にわざわざ乳化させる必要のないクレンジング剤は『オイルフリー』や『水クレンジング』♪

 

自分では判断することができないという方は、パッケージに記載されている成分表をチェックしてみるようにしましょう!

オイルフリーと記載されていれば乳化不要です…♪

乳化が不十分だと起こりうるトラブルは?

クレンジング 乳化 大事 やり方 効果 解説

乳化が不十分だと、まず考えられることは『きちんとメイクが落ちきっていない』というトラブルです。

くれ子
くれ子
乳化が必要な理由は先ほども述べました通り、メイク料に含まれている油分とクレンジング剤に含まれている油分をしっかりと馴染ませ、その後に水と馴染ませて洗い流すことで乳化されてしっかりとメイクを落とすことができるからなのです♪

ですので、この乳化の工程が不十分だと、メイク料とクレンジング剤が混じり合う前に洗い流してしまうことになりますのでメイク落ちも不十分に…!

 

メイクをきちんと落とせていないと、肌に残ってしまった油分が原因でくすみやニキビなどのトラブルにつながるケースも珍しくありません。

 

しっかりメイクをしている人ほどオイルクレンジングを愛用している方が多いので、きちんと『乳化』という工程を行うようにしましょう♪

クレンジングは乳化が大事!乳化の正しいやり方を解説!

クレンジング 乳化 大事 やり方 効果 解説

クレンジングをする上で、乳化の正しいやり方を学んでおくことはとても大切なことなので詳しく見ていきましょう!

やり方を解説
  1. 乾いた手でクレンジング剤を適量手に取り、肌の上にのせてメイクと馴染ませる。
  2. クレンジング剤のついた手のひらに水を少量加え、馴染ませましょう!
  3. 濡れた手で顔全体を優しくなで、徐々に乳化させていきます。
  4. ぬるま湯でメイクをクレンジング剤をよく洗い流しましょう!

乳化させる時のコツは、ズバリ『水を少量ずつ加えること』です♪

 

まずは2~3滴程度の水を手のひらに馴染ませて、足りなければ少しずつ水を足していくようにしましょう!

 

濡れた手でもOKと記載されているクレンジング剤であれば、濡れている手でクレンジング剤を手に取っても大丈夫です。

くれ子
くれ子

それ以外のクレンジング剤は必ず乾いた手でメイクオフを始めるのがポイントとなります♪

きちんと乳化できているのか確認するには、クレンジング剤が白濁しているかチェック…!

水が多すぎても少なすぎても乳化はうまくできませんので、何度か試してみて適量を見極めてみて下さいね♪

 

そして、もう1つの確認方法は感触を確かめるという方法です!

クレンジング剤とメイクを馴染ませているときはヌルヌルとした感触なのですが、水を加えて乳化させるとサラサラとした感触に変化します。

 

クレンジング剤を馴染ませているところすべてが、サラサラとした感触に変化したら乳化されている証拠ですので、あとはぬるま湯で綺麗に洗い流しましょう♪

クレンジングで乳化させるとどんな効果が得られる?

クレンジング 乳化 大事 やり方 効果 解説

クレンジングでわざわざ乳化の工程を取り入れなければならないとなると、面倒な気もしまずが、実は時短の効果があるのです♪

 

クレンジング剤とメイク料の油分を馴染ませ、さらに少量の水を加えて水とも馴染ませておくことでぬるま湯で簡単にサッと汚れを落とすことができますので、時短になるのです!

 

「乳化させなくてもぬるま湯で洗い流していたら勝手に乳化していくんじゃないの?」と思われた方もみえるかと思いますが、乳化の工程を省いてぬるま湯で直接洗い流すとなるときちんと汚れをオフするまで時間がかかる上、お湯による刺激を肌に与え続けることになります。

くれ子
くれ子

ですので、必ず面倒臭がらず乳化の工程を取り入れるようにして下さいね♪

そして、乳化には30秒ほどの時間をかけるのが正解と言われています!

この時間をカットしてしまうと、小鼻や目のきわ・顎周辺など細かい部分にメイク料が残ってしまう原因になります。

 

残ったメイク料は肌へ刺激となり、メラニンを生成させてしまい、くすみやシミ・ニキビなどの肌トラブルにつながるケースもあります!

 

また、乳化には毛穴汚れを改善させる効果もあります♪

丁寧にクレンジングをすることによって、毛穴の奥に詰まっている皮脂汚れも落とせますので毛穴の黒ずみや角栓にお困りの方はぜひ試してみてくださいね…!

 

かと言って、乳化の工程を時間をかけすぎて行うのもNGです!

 

肌に摩擦によるダメージを与えてしまいますので、あくまでも30秒を目安に行うようにしましょう♪

くれ子
くれ子
疲れて帰宅した日はついついメイクオフも雑になりがちかと思いますが、メイクをしっかりと落として1日の疲れも落として下さいね♪

クレンジングは乳化が大事!やり方や効果を解説!のまとめ

クレンジング 乳化 大事 やり方 効果 解説

今回、クレンジングは乳化が大事という所にスポットを当て、乳化とは何かということや、やり方や効果について、

要点まとめ
  • 『乳化』とは通常であれば混じり合わない「油」と「水」を混ぜることを指す!
  • 油分が含まれているクレンジング剤を使うのであれば、乳化という工程が大切!
  • オイルフリーや水クレンジングは乳化させなくてもOK!
  • 乳化を怠るとメイク落ちが不十分になり、くすみやニキビなどの原因にもなる!
  • まずはクレンジング剤とメイクを馴染ませ、少量の水を加えて乳化させていく!
  • クレンジング剤が白濁し、サラサラした感触に変化したら乳化できている証拠!
  • 乳化させることで時短の効果や、毛穴汚れ改善の効果もある!

オイルフリーのクレンジング剤を使用していれば問題ないのですが、オイルが使用されているクレンジング剤を愛用している場合は必ずこの『乳化』という作業が重要なポイントになってきます!

 

メイクをしっかりと落とし、肌への負担を最小限にするためにも大事な作業ですので、面倒くさがらずにきちんと行うようにして下さいね…!

 

乳化がどうしても面倒だから、そのままぬるま湯で洗い流してしまいたいという方はオイルフリーのクレンジング剤をチョイスするようにしましょう♪

くれ子
くれ子
オイルフリーのクレンジング剤でもしっかりとメイクオフできる商品も数多く販売されていますので、乳化せずにオイルインタイプを愛用しているよりはるかに肌へのダメージを軽減させることができます。

また、ついつい面倒くさがりの方がやりがちなのが『シャワーで洗い流す』という行為…!

乳化させたからと言って、お風呂場で直接シャワーを顔に当てて洗い流すのはNGです。

 

シャワーの水圧が肌に負担をかけてしまいますので、必ずぬるま湯を手ですくって、肌についた汚れを優しくオフするようにしてあげて下さいね♪