クレンジングの使い方

水で落とすクレンジングとは?オイルやジェルより落としやすい?

最近なにかと美容界で話題になっている新ジャンルアイテム『水クレンジング』!

皆さんはご存知でしょうか?

くれ子
くれ子

「え?水でクレンジングできるの?」と思われた方も見えるでしょう。

水クレンジングとは一体どのようなものなのか気になる所ですよね!

そこで今回は、水で落とすクレンジングにスポットを当て、詳しく紹介していきたいと思います!

 

オイルやジェルより落としやすいのかどうかも併せて見ていきましょう!

水で落とすクレンジングとは?

水 落とす クレンジング とは オイル ジェル 落としやすい

皮脂やメイク汚れを綺麗に落とし、清潔で健康な肌を維持するために欠かせないアイテムと言えばクレンジングですよね♪

 

今は『クレンジング』と一言で言っても、オイルタイプやジェルタイプ・ミルクタイプ・クリームタイプ・バームタイプなど様々な種類のクレンジング剤が販売されています!

くれ子
くれ子

中でも最近注目を浴びつつあるクレンジング剤がズバリ『水クレンジング』…!

水クレンジングは瓶やプラスチック容器に入っているサラサラとした水のようなクレンジング剤です♪

粘り気はほとんどなく、水のようなテクスチャーなのでサラッとした使い心地が人気の理由のようです。

 

化粧水のようにコットンにたっぷりと染み込ませて、メイクをふき取って使うタイプの水クレンジングが数多く流通しています…!

 

最近はクレンジング後の洗顔が不要で、なおかつ化粧水や美容液の機能まで兼ね備えているという高機能な水クレンジングも販売されていますので、気になっている女性は多いようです♪

 

毎日忙しく、クレンジングにあまり時間がかけられないという方にぜひ使っていただきたいタイプのクレンジング剤なのです!

 

水クレンジングはリキッドタイプのクレンジング剤に分類され、ウォーターベースなのでクレンジング後も肌がヌルつくことがなく、さっぱりとした使用感が特徴…!

 

オイルタイプなど、クレンジング剤特有のヌルつきが苦手な方でも使いやすい一品となっています♪

水クレンジングはオイルやジェルより落としやすい?

水 落とす クレンジング とは オイル ジェル 落としやすい

クレンジング剤と言えば、メイク落ちはどれぐらいのものなのか気になりますよね…!

水クレンジングは先ほども申し上げた通り、クレンジングの種類で言うと『リキッドタイプ』に分類されます♪

くれ子
くれ子
クレンジング力はオイルタイプがトップクラスと言われていて、次いでリキッドタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプ・クリームタイプの順でメイク落ち度が低くなっていくと言われています…!

ですので、水クレンジングはリキッドタイプのクレンジング剤ですので、オイルタイプのものと比較するとメイク落ちは劣ってしまうということになります♪

 

ジェルタイプのものと比較すると、メイク落ちは良いという訳ですよね…!

水クレンジングをぜひ使っていただきたいのは、マツエクをしている女性です♪

 

水クレンジングは主成分が油分ではなく水なので、マツエクをしている人にはもってこいのクレンジング剤なのです!

 

マツエクをつけるための接着剤(グルー)は油分に弱く、オイルベースのクレンジング剤を使っていると、どうしても取れやすくなってしまいます。

 

水クレンジングの中にはオイルが配合されている商品もありますが、マツエクを少しでも長持ちさせるためにはオイルフリーの水クレンジングをチョイスするようにして下さいね♪

水クレンジングの選び方!

水 落とす クレンジング とは オイル ジェル 落としやすい

濃いメイクをしっかりと落としたいという方は、まず『界面活性剤の含有量』に注目して水クレンジングを選ぶ必要があります♪

 

界面活性剤の含有量は数字では記載されていませんが、ボトルやパッケージに記載されている成分表で予測することが可能です!

 

成分表は含有量が多い順に記載されていますので、界面活性剤が最初の方に記載されているクレンジング剤はそれだけメイク落ちも良いということになります♪

 

逆に、界面活性剤よりも前に保湿成分などのほかの成分が記載されているものは、洗浄力が少し弱めで肌に優しいということなので、肌トラブルを起こしやすい方はそういった水クレンジングを選ぶと良いでしょう…!

くれ子
くれ子

洗浄力をチェックしたら、次はクレンジング以外の機能もチェックしましょう♪

水クレンジングはクレンジング剤と化粧水の両方の役割を兼ね備えている商品が多く、ヒアルロン酸など保湿成分を配合している商品が多いです。

肌の乾燥が気になっている方は、高保湿成分が配合された水クレンジングがオススメ…!

毛穴・角質ケアやくすみを改善させたいという方はピーリング効果のあるAHAやビタミンC誘導体などが配合されているものが良いかと思います♪

水クレンジングの使い方!

水 落とす クレンジング とは オイル ジェル 落としやすい

実際に水クレンジングはどのようにして使えば良いのか悩んでしまう所ですよね…!

まず、水クレンジングを始める前にウォータープルーフのマスカラやリップを付けている方はポイントリムーバーを使用してあらかじめ落としておくようにしましょう♪

 

それでは水クレンジングの使い方を詳しく見ていきましょう!

やり方を解説
  1. コットン(3~4枚)と水クレンジングを用意します。
  2. コットンがひたひたになるくらいまで、水クレンジングを含ませましょう。
  3. 目元の上にコットンを数秒おいて、クレンジング剤をメイクと馴染ませたら、優しく拭き取ります。
  4. アイメイクが落ちたら、今度は顔全体を中心から外側に向かって優しく拭き取っていきましょう!

コットンが使っているうちに汚れてきたら、すぐに新しいコットンに変え、水クレンジングをたっぷり染み込ませてから使用するようにして下さいね♪

 

水クレンジングのメリットはコットンとクレンジングさえあれば、どこでも場所を選ばすメイクオフができるという所…!

 

テレビを見ながらや外泊先のベッドの上でくつろぎながらクレンジングすることができます♪

くれ子
くれ子
仕事終わりで夜用にメイクチェンジしたいというシーンでも大いに活用することができますので、カバンの中に小さめのボトルに水クレンジングを入れて持ち歩いておくのも便利かも知れませんね!

水で落とすクレンジングとは?オイルやジェルより落としやすい?のまとめ

水 落とす クレンジング とは オイル ジェル 落としやすい

今回、水で落とすクレンジングにスポットを当て、オイルやジェルより落としやすいのかどうかということについて、

要点まとめ
  • 水クレンジングは水のようにサラッとしたテクスチャーが特徴!
  • コットンに染み込ませて、メイクをふき取る形で使用する商品が多い!
  • W洗顔不要かつ化粧水・美容液の機能も兼ね備えている水クレンジングもある!
  • メイク落ちはオイルタイプのクレンジングがトップクラス!
  • 水クレンジングはリキッドタイプに分類されるので、ジェルより落としやすい!
  • オイルフリーの水クレンジングはマツエクをしている女性にオススメ!
  • 洗浄力が気になるのであれば、界面活性剤の含有量をチェック!
  • どのような保湿成分やピーリング成分が配合されているのかもチェック!

水クレンジングは毎日使っても大丈夫だとは言われていますが、洗浄力が強い分、肌への刺激も強くなりがち…!

 

敏感肌の方や乾燥肌の方はとくに負担がかかってしまうケースもありますので、ご自身の肌の状態を確認しつつ使用するようにして下さいね♪

 

水クレンジングを使う上で、1番注意しなければならないことは『拭き取る際の力加減』です!

くれ子
くれ子
不用意にこすり付け過ぎて肌を傷めないように意識しながら、優しく拭き取るようにしましょう…!

また、普通肌やオイリー肌の方でも生理前や季節の変わり目などで肌がデリケートな状態になってしまっていることもありますので、注意して使用して下さい♪