クレンジングの選び方

クレンジングの種類を一覧で紹介!違いを比較!

くれ子
くれ子
オイル、リキッド、クリーム…クレンジングはメイクを落とすための必須アイテムですが、色々な種類があるのでどれを選べば良いのか悩んでしまいますよね!

それぞれどんな特徴があって、どんな違いがあるのか分からないまま何となく使っているという女性も多いかと思います。

そこで今回は、クレンジングの種類について一覧で紹介していきたいと思います!

 

それぞれの違いを比較して、どの種類のクレンジングを選べば良いのか参考にして下さいね!

クレンジングの種類を一覧で紹介!違いを比較!

何気なく毎日行っているメイクオフ!どんな種類のクレンジング剤を使用していますか?

クレンジング剤を選ぶ上で重要なのは『メイクの濃さ』・『肌の状態や特徴』の両面から考えるということ…!

くれ子
くれ子
ついつい値段や口コミを鵜呑みにしてクレンジングを選んでいるという方も多いと思います。

ここでは、クレンジングを種類別に詳しくレクチャーしていきますので、違いを比較して、ご自身に合ったクレンジング剤をチョイスするようにして下さいね♪

クレンジングオイル

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

クレンジングオイルはしっかりメイクの方やバッチリメイクの方にオススメのクレンジング剤です♪

 

皮脂やメイク汚れは油性なので、同じ油性のクレンジングオイルはメイクとの馴染みやすさがトップレベルなのです…!

 

意外と知らない方も多いのですが、クレンジングオイルはすすぐ前にオイルに少量の水を混ぜて『乳化』させるというのがポイントです!

くれ子
くれ子
乳化することによってメイクが浮いてくるので、乳化させずにそのまま流してしまっている方は注意しましょう。

洗浄力が比較的強めですので、オイリー肌の方にもオススメのクレンジング剤です!

ただし、オイル特有のベタベタ感がありますので、W洗顔不要のクレンジング剤を使用していても洗顔料を使ってW洗顔をしてしまっている方も多いかと思います。

 

その場合、肌にとって必要な油分までも洗い流してしまっている可能性が非常に高いので、洗顔後はしっかりと保湿ケアをするようにして下さいね♪

リキッドクレンジング

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

リキッドクレンジングは水分をベースに作られていて、さらっとしたテクスチャーが特徴です♪

くれ子
くれ子
ベタつきやヌルつきが少なく、さっぱりとした使用感がお好みの方にはオススメのクレンジング剤です!

洗浄力も高めですので、しっかりメイクでも比較的落としやすいアイテムでもあります。

リキッドクレンジングはオイルフリーのものが多いので、マツエクをしている人でも使えるというのが嬉しいポイント!

 

マツエクをしていて、ベースメイクもバッチリしているという方にはもってこいのクレンジング剤です…!

ジェルクレンジング

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

ジェルクレンジングは、弾力のあるテクスチャーが特徴のクレンジング剤♪

オイルは洗浄力が強すぎるし、クリームはベタつくから苦手…という方にオススメのタイプです!

くれ子
くれ子
ジェルタイプのクレンジング剤はオイルが入っていてしっかりメイクが落ちるものや、ナチュラルメイク向けのものまで様々な種類のものが販売されています。

どのタイプも弾力があるテクスチャーですので、洗顔時の摩擦を軽減させてくれるというのがポイントです♪

 

最近は『ホットクレンジング』というタイプのジェルクレンジングが人気のようで、皮脂やメイク汚れを落としてくれるだけでなく、毛穴汚れもオフしてくれるという画期的な商品が販売されています…!

毛穴のトラブルに悩んでいる女性にオススメのクレンジング剤です♪

クレンジングバーム

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

最近SNSで話題になっているクレンジング剤『クレンジングバーム』は、一度使ってみるとその使い心地で虜になってしまう女性が急増中なのだとか…!

 

クレンジングバームの特徴はクリームタイプとオイルタイプのクレンジング剤のメリットを持ち合わせているというところ!

くれ子
くれ子
容器に入っているときは固形状なので、専用のスパチュラで手に取り、メイクと馴染ませているうちにオイル状に変化していくというクレンジング剤です♪

しっかりメイクを落としたいけれど、肌に潤いも残したいという方にオススメのタイプです!

ミルククレンジング

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

ミルククレンジングは、比較的肌に優しいものが多く、肌が乾燥してしまう秋冬シーズンにオススメのクレンジング剤です!

くれ子
くれ子
水分ベースなのでサラッとしたテクスチャーが特徴で、しっとりと洗い上げることができます♪

しっかりメイクを落とすのは難しい商品が多いので、ナチュラルメイクで乾燥肌の方にオススメのクレンジング剤です…!

 

アイメイクやリップなどのメイクは濃いけれどベースメイクは薄めという方は、ポイントメイクリムーバーを併用して、ベースメイクはミルククレンジングを使うと肌への負担を抑えることができます♪

クレンジングクリーム

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

クレンジングクリームは、クレンジング剤の中でも1番肌への負担が少なくて優しいと言われているタイプです!

 

クリームというだけあり、しっとりと洗い上がるのがメリットなのですが、メイク馴染みはあまり良くありません。

くれ子
くれ子
そのため、メイクをしっかりと落とすためには、時間をかけてクルクルとマッサージをしながら馴染ませていく必要がありますので、時間がない方が使用してしまうとメイク汚れを落としきれていないことも…!

最近はメイク落としとしてだけでなく、マッサージクリームの役割も果たしてくれるというクレンジングクリームが販売されています♪

 

基礎化粧品の油分や就寝中に分泌された皮脂を落とすために朝クレンジングをしているという方は、このクリームタイプのクレンジング剤を使用して朝に顔マッサージも取り入れるとメイクノリが良くなるのでオススメです!

シートクレンジング

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

忙しい現代人に人気のシートクレンジング♪

くれ子
くれ子
洗浄力も強い上にW洗顔不要の商品も多いので、時短することができて大変便利なアイテムですよね…!

ただ、肌に直接シートをこすりつけてメイクを落としますので、肌への摩擦刺激は避けられません。

ですので、できれば旅行時やお泊りなどの緊急時のみの使用にとどめ、日常使いは避けるようにして下さいね♪

クレンジングの種類を一覧で紹介!違いを比較!のまとめ

クレンジング 種類 一覧 紹介 違い 比較

今回、クレンジングの種類にスポットを当て、それぞれのタイプ別の違いについて、

要点まとめ
  • クレンジングオイルは皮脂やメイク汚れとの馴染みがトップクラス!
  • 肌に必要な油分まで洗い流してしまうこともあるので、洗顔後は保湿ケアを丁寧に!
  • リキッドクレンジングは『マツエク+しっかりメイク』の方にオススメ!
  • ジェルクレンジングは弾力のあるテクスチャーで洗顔時の摩擦を軽減してくれる!
  • ホットクレンジングジェルが人気上昇中で、毛穴に悩みがある方にオススメ!
  • クレンジングバームはクリームタイプとオイルタイプの両面を持ち合わせている!
  • 乾燥肌でナチュラルメイクの方にはミルククレンジングがオススメ!
  • クリームクレンジングは洗浄力は低いが、マッサージクリームとしても使える!
  • シートクレンジングは肌への刺激が強めなので、お泊りなど緊急時のみに使用する!

クレンジング剤をどの種類にするか選ぶポイントはズバリ『メイクの濃さ』・『肌の状態・特徴』です!

 

メイクの濃さで注目すべきところは『ベースメイク』…!

くれ子
くれ子
ベースメイクの濃さでクレンジング剤を選び、落ちにくいポイントメイクはポイントメイクリムーバーを使って落とすようにすると肌への負担を最小限に抑えることができます♪

メイクオフ後はしっかりと保湿ケアを行って、肌をいたわってあげるようにしてくださいね!