クレンジングの使い方

クレンジングの酸化の見極め方は?酸化したら捨てるべき?

くれ子
くれ子
クレンジング剤はメイクをした時だけ使用しているという方が多いので、わりと長持ちしやすい化粧アイテムですよね!

長持ちするということはコストパフォーマンスが良いということなので財布には嬉しいですが、「ずっと使っているけど使用期限は大丈夫かな?」と不安に思ったことはありませんか?

 

そこで今回はクレンジングの使用期限にスポットを当て、酸化しているかどうかの見極め方や酸化しているクレンジング剤は捨てるべきなのかについてズバッとお答えしていきたいと思います!

クレンジングの酸化の見極め方は?

クレンジング 酸化 見極め方 酸化 したら 捨てる

クレンジングは主に『酸化』によって劣化していきます。

未開封でも直射日光によって劣化することもありますし、開封後は雑菌が繁殖して劣化していくことがあるのです…!

くれ子
くれ子
クレンジング剤はメイクオフするために肌に直接使用するので、肌トラブルはなるべ避けておきたいところですよね♪

そもそも、クレンジング剤をはじめとした基礎化粧品の使用期限は3年間と定められています!

 

しかし、化粧品類は使用期限はもちろんのこと製造日も記載されていないアイテムも多いので、判断しにくいという話をよく耳にします。

 

これは薬機法という法律によって、未開封の状態で品質が3年以上変異しない化粧品については使用期限や製造日の記載の義務はないと定められているからなのです!

 

3年ももたない無添加の化粧品についてはしっかりと使用期限が記載されていますので、使用期限の記載がないものは未開封であれば3年はもつと考えて良いでしょう♪

 

開封したクレンジング剤は雑菌の繁殖を防ぐためにも、『開封後は6か月を目安に使い切る』というのがベスト…!

くれ子
くれ子
クレンジングが酸化しているかどうか見極めるためにも、気になるのであれば開封時に日付を容器に記載しておくことをオススメいたします!

使用期限内でも管理方法によって酸化が進んでしまっているケースもあります。

ですので、ニオイやテクスチャーに変化があるようでしたら、酸化してしまっている可能性が非常に高いので使用しないようにしましょう…!

クレンジングは酸化したら捨てるべき?

クレンジング 酸化 見極め方 酸化 したら 捨てる

使用期限も製造日も記載されていない上、開封日も忘れてしまったという方もみえるかと思います。

 

そういった場合は、クレンジング剤の色が変色してはいないか、ニオイは変化していないか、テクスチャーは変わっていないかを確認するようにしましょう。

 

これらを確認して、1つでも該当するようであればクレンジング剤が酸化してしまっている証拠ですので、肌トラブルを引き起こさないためにもすぐに捨てるべきです♪

くれ子
くれ子
酸化しているかどうか判断できないという場合は、顔ではなく肘などの比較的肌が強い部分に使用してみて様子を見るようにしましょう…!

赤みやかゆみなどが出てしまった場合、使用をすぐに中止して破棄してくださいね!

クレンジングを長持ちさせる方法は?

クレンジング 酸化 見極め方 酸化 したら 捨てる

できればせっかく購入したクレンジング剤なのですから、長持ちさせたいものですよね♪

クレンジング剤を少しでも長持ちさせるための重要なポイントとしては、ズバリ『清潔を保つ』です!

 

ついつい「どうせ洗い流すのだから」と汚い手のまま使用してしまってはいませんか?

くれ子
くれ子
これが原因でクレンジング剤に菌が付着し、中で繁殖して酸化を促進させてしまっているケースは非常に多いです…!

ですので、クレンジング剤を使用する前は基本中の基本の動作として、必ず手を綺麗に洗うようにしてくださいね♪

 

そして、クレンジング剤を手に取る時は、ポンプタイプであれば容器の入り口に直接手が当たらないように注意しながらプッシュするようにしたり、チューブタイプやジャータイプであればスパチュラなどを使用して清潔を保てるように意識して使用するようにしましょう!

 

そして、次は保管する際のポイントとしては基本的には冷暗所に保管することをオススメいたします♪

 

直射日光はクレンジングの成分にダメージを与える可能性がありますし、温度や湿度が高いと雑菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。

 

近年はお風呂場で塗れた手でも使用できるというクレンジング剤が流通していて、容器のままお風呂場に置いたままという方も多いかと思います!

 

しかし、お風呂場は雑菌が増殖するために絶好の場所ですので、クレンジング剤の酸化を促してしまうことにも繋がります…!

くれ子
くれ子
できれば洗面所の下などの冷暗所に保管しておいて、使用するタイミングでお風呂場に持ち込むという方法を取るようにして下さいね♪

そして意外とやってしまいがちなのが、『蓋の締め方が雑』という失態…!

忙しいとどうしても蓋をきちんと閉めずに、メイクを落とすことに専念してしまいがちですよね。

 

ですが、蓋をきちんと閉めていないと隙間から空気が入り込んでしまって酸化を進めてしまったり、シャワーの水が入ってしまったなんてことも…!

 

少し面倒かもしれませんが、クレンジング剤の蓋は必ずしっかりと締めるようにしてくださいね♪

試供品のクレンジングの酸化は大丈夫?

クレンジング 酸化 見極め方 酸化 したら 捨てる

旅行や外泊のために試供品で頂いたクレンジング剤をついつい貯め込んでしまっている女性も多いでしょう♪

 

節約家でとても素敵ですが、試供品のクレンジング剤の使用期限も気になる所ですよね…!

くれ子
くれ子
せっかく節約をしていても、酸化してしまっているクレンジング剤を使用してしまって肌トラブルを引き起こしてしまっては元も子もありません。

試供品のクレンジング剤の中身は一般的に販売されているクレンジング剤と同じものなのですが、簡易包装されているため酸化のスピードが早まることもあるという点から考えると、できれば『サンプル品を頂いてから約1年間』を目安に使い切るようにしましょう♪

クレンジングの酸化の見極め方は?酸化したら捨てるべき?のまとめ

クレンジング 酸化 見極め方 酸化 したら 捨てる

今回、クレンジングの使用期限にスポットを当て、酸化の見極め方や酸化したクレンジング剤は捨てるべきなのか、そして長持ちさせるためのポイントについて、

要点まとめ
  • クレンジング剤は未開封であれば3年間は使用可能!
  • 開封している場合は、6か月以内に使い切るのがベスト!
  • 酸化しているかどうか見極めるためには、開封日を記載しておくと良い!
  • クレンジング剤が酸化している場合、肌トラブルの原因になるためすぐに破棄する!
  • クレンジング剤を長持ちさせるための重要ポイントは『清潔を保つ』!
  • メイクオフ前は手を洗い、残っているクレンジング剤に触れないように注意する!
  • クレンジング剤の保管場所は基本的には冷暗所がオススメ!
  • クレンジング容器の蓋をきちんと締めることも、長持ちさせるためのポイント!
  • 試供品のクレンジング剤は頂いてから約1年を目安に使い切る!

クレンジング剤は無添加の商品以外は使用期限や製造日が記載されていないというのが一般的です。

 

未開封であれば約3年間、開封したものであれば約6か月が使用期限となり、その期間を過ぎてしまったクレンジング剤は酸化が進んでしまっていて肌トラブルを引き起こす可能性がグンと高まります!

 

ですので、クレンジング剤はなるべく安売りをしていたからと言って買いだめするのではなく、使い切ったら次のクレンジング剤を買うということを意識し、開封した時は日付をメモしておくとより安全にお使いいただけるでしょう♪

 

くれ子
くれ子
使用期限内であっても使い方や保管方法を間違っていれば酸化を進めてしまっているケースもありますので、ニオイやテクスチャーに異常を感じるようであれば使用を中止して破棄するようにしてくださいね…!