クレンジングの副作用

クレンジングに界面活性剤は危険?肌荒れの原因になる?

多くのクレンジング剤に配合されている成分『界面活性剤』が肌に悪影響を与えるという話を聞いたことがある方も多いかと思います。

くれ子
くれ子

しかし、その話は本当のことなのか気になる所ですよね!

もし肌に悪いというのが本当の話であれば、肌荒れの原因にもなるので使用は避けたいという方もみえるかと思います。

 

そこで今回は、クレンジング剤に配合されている界面活性剤にスポットを当て、肌荒れの原因になるなどの危険性があるのかどうなのかズバッとお答えしていきます!

 

肌荒れを起こさないためのポイントも併せて見ていきましょう!

クレンジングに界面活性剤は危険?界面活性剤って何?

クレンジング 界面活性剤 危険 肌荒れ 原因 なる

「そもそも界面活性剤って何?」と疑問を抱いている方も多いでしょう。

界面活性剤は、物質の界面に働きかけて、本来は混じり合わない物質同士を混ぜ合わせることができる成分です♪

 

具体的に言うと、水に油を入れた場合、油は水面に浮かび上がってしまって水と混じり合うことはないですよね?

くれ子
くれ子
これに界面活性剤を加えると、水と油が混じり合ってくれるのです…!

この状態を一般的に『乳化』と表現されるため、界面活性剤のことを『乳化剤』と表記しているクレンジング剤もあります♪

 

基本的にメイク剤は水性と油性の様々な材料が混じり合って作られていますので、これらをしっかりと落とすためにはクレンジング剤に配合されているいち成分として界面活性剤は必要という訳なのです!

 

界面活性剤はいろいろなものから作られていて、卵のように天然由来のものもあれば、石油由来のものもあります。

 

洗浄力の強い界面活性剤は油落ちの力も強いので、肌に必要な皮脂までも落としてしまって肌荒れの原因になってしまうケースがあります。

 

なので、肌荒れの原因は界面活性剤と決めつけてしまっている方も多いというのが実情です…!

 

しかし近年は、各化粧品メーカーも競い合ってクレンジングの品質を高めあってきているので、よっぽどの粗悪品でない限りクレンジングに配合されている界面活性剤が原因で肌荒れを起こすことはないでしょう♪

くれ子
くれ子
ですでの、最近のクレンジング剤は界面活性剤が配合されていても危険性が高い商品は少なく、安全なものが多いので安心してお使いください!

それでもどうしても気になるという方は、界面活性剤無添加のクレンジング剤も販売されていますのでチェックしてみて下さいね♪

クレンジングの界面活性剤は肌荒れの原因になる?

クレンジング 界面活性剤 危険 肌荒れ 原因 なる

クレンジングの界面活性剤は肌荒れの原因にならないということは前述しましたが、使用方法を間違えてしまうと肌に負担がかかってダメージを受けてしまうこともあります…!

 

あくまでも正しい使い方をしていればクレンジング剤に配合されている界面活性剤は安全性が高いというだけです。

 

肌荒れを起こさないためにはいくつかポイントを押さえて、正しいクレンジングを行う必要がありますので詳しく見ていきましょう!

肌荒れ予防ポイント ①  W洗顔はなるべく避ける

クレンジング 界面活性剤 危険 肌荒れ 原因 なる

クレンジング剤でメイクを落とした後に、ヌルヌル感が嫌で洗顔料を用いてもう1度洗顔をする『W洗顔』というのをしてしまってはいませんか?

 

W洗顔を行えば、スッキリと爽快感は得られますが、肌に必要な皮脂までも落としてしまいがち…!

 

そうすると肌はすっかり乾燥状態になってしまうのです!

ですので、できればクレンジング剤はW洗顔不要のアイテムを選ぶようにしてくださいね♪

くれ子
くれ子
また、1日に何度もメイクを落とすと、やはり皮脂が取れすぎて肌荒れの原因になってしまいます。

化粧落としは1日に1回がベストです…!

クレンジング後はしっかりと保湿することも忘れずに♪

肌荒れ予防ポイント ②  化粧品以外のものでメイクを落とさない

クレンジング 界面活性剤 危険 肌荒れ 原因 なる

化粧品メーカーから販売されているクレンジング剤ではなく、オリーブオイルやココナッツオイルなどでメイクを落としてはいませんか?

 

メイクに含まれている油成分はオリーブオイルなどの油を使えばもちろん落とすことはできます。

くれ子
くれ子
ですが化粧品メーカーのクレンジングと比較すると、やや精度が甘いうえに不純物などが残っている可能性があります!

食用のものであれば、美味しさや風味などを重視して作られていますので、メイクとの馴染みやさや肌への負担は考慮されていません。

 

ですので肌にダメージを与えてしまう可能性が非常に高く、肌荒れの原因にもなってしまいますので、メイクを落とす際は必ず化粧品メーカーから販売されているクレンジング剤を使用するようにしてくださいね♪

肌荒れ予防ポイント ③  海外製の化粧品をむやみに使用しない

クレンジング 界面活性剤 危険 肌荒れ 原因 なる

日本製の化粧品は定められた品質をクリアしなければ販売できないという仕組みになっていて、非常に安全性が高いと言われています。

くれ子
くれ子
対して、海外製の化粧品の中には日本では使用が認められていない成分を配合している商品も多く、日本人の肌に合っていないものも数多く流通しています!

海外製のものは高機能・低コストの化粧品も多いのですが、安易に手は出さないほうが良いでしょう♪

 

もし使用するのであれば、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてくださいね…!

肌荒れ予防ポイント ④  界面活性剤不使用のクレンジング剤を使用する

クレンジング 界面活性剤 危険 肌荒れ 原因 なる

最近は肌への負担をなるべく少なくしたいという消費者の声に応えるかのように、『界面活性剤不使用』のクレンジング剤も多く出回ってきています!

 

界面活性剤不使用といっても『合成』の界面活性剤は配合していないという意味で、天然成分由来の界面活性剤が使用されています♪

くれ子
くれ子

ですので、肌には優しいですが、メイク落ちもバッチリなのです!

合成の界面活性剤は安価で乳化や洗浄のパワーも強い反面、もの凄く肌に負担がかかってしまうもの…!

その結果、乾燥や赤みが出てしまったり、肌にとって必要な皮脂までも落としてしまうので肌が皮脂をどんどん作り出してしまって皮脂過剰の状態になり、ニキビの原因になってしまうケースもあります。

 

ですので、肌荒れが気になるのでしたら、天然成分由来の界面活性剤を使用しているクレンジング剤をチョイスするようにしましょう♪

クレンジングに界面活性剤は危険?肌荒れの原因になる?のまとめ

クレンジング 界面活性剤 危険 肌荒れ 原因 なる

今回、クレンジングに配合されている界面活性剤にスポットを当て、肌荒れなどの危険性や肌荒れの予防ポイントについて、

要点まとめ
  • 界面活性剤は本来は混じり合わない物同士を混ぜ合わす役割を果たしてくれている!
  • メイク剤は水性・油性の材料が混じり合って作られている!
  • メイクを落とすためには界面活性剤(乳化剤)は必要!
  • 近年のクレンジング剤は品質が高まってきているので危険性は少ない!
  • クレンジングのやり方・使い方を間違えれば肌荒れの原因になる!
  • 肌荒れを予防するためにはW洗顔はなるべく避ける!
  • オリーブオイルなど化粧品以外のものでクレンジングは行わない!
  • 海外製の化粧品をむやみに使用しない!
  • 合成界面活性剤が使われているクレンジングは肌に負担がかかるので避ける!

以上をご紹介致しました♪

『界面活性剤』と言っても、肌に強いダメージを与えるのは合成界面活性剤と言われています!

くれ子
くれ子
メイクを落とすためには界面活性剤は必要な成分ですので、肌への負担が気になる方は天然成分由来の界面活性剤が使用されているクレンジング剤を選ぶようにすると良いでしょう♪

クレンジング剤は正しい使い方をして、メイクをしっかりと落として保湿などをきちんと行えば肌荒れは十分予防できますので、今一度ご自身のクレンジング方法を見直してみてくださいね!